生体保証について

小鳥を家族に迎えることを、皆さん簡単に考えられている方がとても多いです。

犬や猫は大変だから…小鳥ならと思われていませんか?

小鳥は犬や猫とは全く違う生き物で、場所が変わっただけで、ご飯を食べなくなります。

とても繊細な生き物なので、ご飯を食べなくなってしまう子がとても多いです。

家に連れて帰りご飯を普通に食べると思ったら大間違いです。

当店では落鳥させないために、1か月保証で見守り期間をおつけしています。

当店の仕事は売りっぱなしではなく、お客さまが小鳥と

楽しい生活が送れることを目的としています。

まずは、お迎えしてから4日目の体重をメールでお知らせください。

お迎えして体重が安定するまでは、毎日体重を計りしっかりと見守りましょう。

特にオカメインコは、他の小鳥とは異なり神経質でとても繊細です。

当店のオカメインコは一人餌になって胸筋がしっかりした80g以上の体重に          ならないとお譲りしません。

※小柄の子もいれば大柄のオカメインコもいます。                      胸筋がしっかりついていれば80gでも問題ありません。

なぜなら一気に体重が減っても、すぐに落鳥するリスクをなくすためです。

ご飯を食べていないので、体重は急激に減って行きます。

1日で5gくらい減ることもあります。

体重が減少した事により、体の免疫力が落ちて、隠れた病気が発症する場合があります。

体重が70g台になるとどんどん食べなくなる傾向が多いです。

また、60g台になると落鳥の危険性が出てきます。

当店では、お客様と連携して落鳥させないようにしていきます。

病気になった時は、小鳥専門の当店の主治医をお客様にご紹介しております。

お迎えしてから4日目の体重4日目の体重を必ずメールでお知らせください。

体重が減っている場合には、カロリーの高いご飯をお送りし対処させて頂きます。

まずは、送ったご飯で様子を見ます。(無料)

※カロリーの高いご飯は80グラム位に戻るまで、                       もしくは私が納得できる体重まで無料でお送りいたします。

それでも体重が減って行く場合には、強制給餌が必要となります。

強制給餌は素人の方ではできないので、お店へ連れてきてください。

病院に連れて行った場合は、診察代はご負担いただきます。

体重が80グラム位に戻るまで、お預かりします。(無料)

痩せていくのにほおって、おけば必ず落鳥してしまいます。

4日目の体重を必ずメールでお知らせください。

連絡をせずに、痩せてしまっての落鳥は、生体保証はつきません。

また、病気で落鳥してしまった場合は、診察をした病院に病状の確認をさせて頂きます。

手を尽くして1か月以内に落鳥してしまった場合は、同等の小鳥をお譲りします。

返金は致しません。

※次の小鳥まで時間がかかる場合がございます。

大変申し訳ございませんが、ご了承をお願い致します。



当店のご飯をおつけします。

1羽の小鳥につき、下の画像の餌をお渡しします。

その子その子に合わせたご飯を配合してお渡ししています。

体重が落ちないようにご飯を配合しています。

与え方については、お店の指示に従ってください。